脱毛を行う場合、完璧に処理したいケースと薄くなる程度で良いケースがあります。襟足のように産毛が生えていても目立たない部位なら、薄くなれば良いというくらいに考えている人が多いようです。完璧さを求めない場合、襟足には光脱毛がおすすめです。

IPL、フラッシュ、プラズマなどと呼ばれている施術がそれにあたり、肌に優しいので皮膚の薄い襟足にも安心です。これらの施術で共通して言えることは痛みがほとんどないということです。

デリケートな部分は痛みにも敏感であることが多いのですが、光を用いた施術なら痛みに耐える必要はありません。薄くなるくらいでちょうど良いというケースなら、それほど多くの回数をかけなくても十分です。少ない回数なら、元々安い光脱毛を更に安く済ませることができます。

反対に、少ない回数でより高い効果を得たい場合には、レーザー脱毛を選択します。レーザーによる照射の仕組みも光と同じようなものですが、照射の出力が違いますので痛みもやや強く感じます。

処理後の肌の回復が早いので、日常生活がきっかけとなってトラブルに発展することも少ない方法です。襟足は衣服との摩擦があったり、紫外線を浴びたりといった問題がありますが、回復が早ければトラブルも防げます。