襟足に生えているムダ毛はそれほど太くないことが多いのですが、人によってはかなりの本数が生えているケースもありますので処理が必要なこともあります。ただし、顔の付近ということで襟足もデリケートな部位ですので、処理方法には注意が必要です。処理後も適切なケアを行わないと肌のコンディションが悪くなります。

脱毛の影響としてまず最初に考えられるのは、開いた毛穴に皮脂や汚れが詰まり、それが酸化してニキビが発生することです。皮脂などが酸化するとアクネ菌をはじめとした雑菌の温床となりますので、ニキビや肌荒れを起こしやすくなります。

毛穴が閉じれば詰まりにくくなりますので、自然に良くなるケースが多いようです。また、処理の仕方が悪かったり、肌への刺激が強すぎたりして炎症を起こしてしまうこともあります。ただし、炎症はごく短い時間で改善されることがほとんどですので、赤みが見られる間はこまめに冷やしたり清潔に保つことができれば、それほど大きな問題にはなりません。

脱毛後は、見た目には分からなくてもとても敏感な状態です。ちょっとした刺激に対しても反応しやすくなっていますので、数日間はケアを徹底して回復に努めることが大切です。